札幌市の訪問看護・訪問リハビリテーションのサービス事業所です。

スタッフブログ

お久しぶりです

2013.09.22

すっかりご無沙汰しています。

暑く蒸し暑い毎日でしたが、すっかり風は秋らしくなってきました。先日は突然の大雨にびっくりされた方も多かったのではないでしょうか?私も、訪問途中でびしょ濡れになりました。

 

すでに4か月も経過してしまいましたが、5月11日に無事に屯田の新事務所に引越しをしました。

新しい事務所は、とても広く感じ、最初はウロウロと動きもややぎこちなかったのですが、ずいぶん慣れてきました。

 

そして、8月1日に、開設一周年を迎えることができました。

あっという間の一年でした。

スタッフもリハ4人、看護4人になり

利用者さんも100名を超えました。

一緒にお仕事をさせていただくケアマネジャーさんや病院さんもずいぶん多くなりました。

皆さんにお世話になり、かわいがっていただいた結果です。本当にありがとうございました。

忙しくて、ブログの更新も滞っていましたが、ちょこちょこのぞいてくださる方々からの応援の声もあり、また、頑張ろうと思っているところです。

 

先日お会いした、仕事仲間にこんなことを教えてもらいました。

「忙しい」というのは、心を亡くすということですよ。

忙しい、ではなくて「充実しています」と言うと良いんじゃないだろうか・・・

 

毎日毎日忙しい、へとへとです

毎日毎日、充実しています。

ちょっとした違いですが、後者の方が、ずっと生き生きした感じがしてきます。

私たちの事業所の理念の一つに「利用者の皆さんに、元気と優しさを届ける」というものがあります。在宅で過ごされているみなさんにとって、私たちの訪問が「さわやかで気持ちの良い風」になるためには、私たちもこんな心がけが必要なんだなと、改めて感じました。今度からは、「充実した毎日です。(ニッコリ)」と返事をしたいと思います。

急に涼しくなってきたので、体調管理にお気を付け下さい。

エンデバーで勉強会を行いました!

2013.04.14
平成25年3月19日 事務所をお借りしているエンデバーの職員さんと
生活介護に通所されている利用者さんと一緒に第1回の勉強会を行いました。
10人くらいの参加者かなあ・・・と思いながら、お部屋に行ってみると
30人近い方々が、輪になって待っているではありませんか!
心身に重い障害を持つと、自分で思うように身体を動かせなくなることが多いのです。
人間は、何時間じっと同じ姿勢をしていると床ずれができますか?(答えは、約2時間です)
そんな質問も交えながら、目的にあった姿勢を正しくとることの大切さを勉強しました。
休息のときは横になる、ご飯を食べるときや作業をするときはしっかりと座る。
いつも身体が傾きやすい人は、定期的に座り方に注意をする。
同じ姿勢を長時間とり続けない・・・等々、利用者さんや職員さんにモデルになって
いただきながらの勉強会でした。
みなさん、にこにこしながらも真剣に聞いていただき
私もとても楽しかったです。
ぜひ第2弾も!ということで、
次回もみんなで楽しく学び合いたいと思います。

今年はチャレンジ!

2013.03.19
昨年のステーション開設以来、ずっと慌ただしく生活しています。
少し周りの環境も変わり、色んなことも感じます…春も近いし。
利用者さんに”やってみたいことは?”等と聞くことがあるのですが、
自分は何をしているんだろうかとよくよく考えます。
ここ数年、口にしていて実行に移さず過ごしている”登山”を
今年はトライしてみようと思います。
人に言うぐらいなのだから、まずは自分もやってみなくちゃいけませんね。
お便りも定期的に発行する予定なので、皆さんに写真をお届けします!
と言いつつ、実は十数年ぶりにスキーをしました。
寒さが苦手なので、もうスキーなんてしないと心に硬く硬く誓ってましたが、
子どもとキロロに出かけました。
意外とやってみると・・・楽しいかも。
そんな一歩を一緒に踏み出しましょう。

キロロの帰りには、
銭函駅の向かいにある”ガトーフレール”さんで土鍋プリンを購入。
食べごたえがあるので、プリン好きな方はどうですか?

あけましておめでとうございます

2013.01.02
あけましておめでとうございます
昨年8月にステーションをし、はや5カ月が経過し、初めてのお正月を迎えました。
この冬は、例年にない大雪で道路状況が極端に悪く、12月の後半は渋滞渋滞で一日中車に乗っている日が続きました。心身ともに堪えましたが、そんなときに
「時間は気にしないでいいんだよ、気をつけて安全運転で来てね」そう言って待っていていただけると
本当に嬉しくなり、悪天候もなんのその!なんとか平成24年を乗り切ることができました。
気持ちや言葉というのはとても不思議なものです。
自分ではお話しすることのできないご高齢の方や、お子さんたちと向き合うときに、
自然といろいろなお話をしたり、歌をうたったり(へたくそ・・・と思っているかもしれませんが)します。
みなさん、「ふんふん」と聞いてくださり、声や体の反応で会話をしています。
でも、自分が元気がない時や悩んでいるときは、自然と私の声掛けも元気が無くなるのか、歌もますます下手くそになるのか、「なんだか変だよ」と言葉にならない言葉で返してくれます。御機嫌が悪くなるお子さんもいます。とても敏感だなあと感心するとともに、「大丈夫かい?」と心配していただいているような気がして、気持ちがしゃんとします。
言葉になってもならなくても、私たちは気持ちのやりとりをしながら、生きています。
それが、仕事でも日々の生活にとっても原動力になっていると思います。
平成25年はどんな年になるでしょうか
いえいえ、自分たちでどんな年にしていきましょうか。
なにか新しいことに、挑戦しましょうか。
今年初めての訪問では、お一人お一人に聞いてみたいと思います。
私も「ええそんなの無理じゃないの?」と言われないように、コツコツ精進していきたいと思います。
ニュースですよ!
これまで開設からリハスタッフは2名体制でしたが、1月よりスタッフを増員します。

ラーメン屋さんにて

2012.11.12

以前、ラーメン特集をしている雑誌を何気に眺めていたら、

俺のラーメンこうた”というお店が目に止まりました。

実は子どもの名前がこうたというので、

ただそれだけで気になったのですが・・・。

子どもにも教えてあげると行きたいというので実際に食べに行ってきました。

今までの自分の経験から知らないお店に入って

美味しいと思うことがあまりなく期待していなかったのですが、

食べてみると美味しく、また来てみたいお店の一つになりました。

ただちょっと遠いのがね。

そんな中、ラーメンが出てくるのを待っていると、

後ろから手を借りてやっとお店に入ってくるおば様がいました。

夫妻でラーメンを食べに来たようです。

常連客なのか店員さんもすかさずお出迎え、

帰りもすぐさまお店のドアを開けてスタンバイしていました。

帰りは椅子から立つのも難しく、手を借りていましたが、

立った後も後ろに倒れそうになっていて、

よくぞラーメンを食べにきたものだと感心しました。

やる気があれば何でもできる。

せっかくステーションを作ったので、

そんな後押しができるような自分でありたいと思うし、

スタッフにもどう浸透させていくか。

理想を現実のものにしていくために日々努力が必要です。

  • トップページ
  • 会社概要
  • 訪問看護事業
  • スタッフブログ
  • お便り
  • 求人情報
お問い合わせ
株式会社ハナミズキ

〒002-0854
札幌市北区屯田4条7丁目7-30
TEL:011-769-0151
FAX:011-769-0591

地図はこちら
このページの先頭へ