札幌市の訪問看護・訪問リハビリテーションのサービス事業所です。

スタッフブログ

夏休みの宿題

2019.08.19

このところ年々夏が暑くなってくるように感じます。湿度が高いせいでしょうか、息苦しくなるような日が今年も続きました。この文章を書いている8月19日も良い天気ですが、やっと爽やかな北海道らしい風が吹いています。そんなことを言っているとあっという間に寒くなるのですが。

 

さて、今日は夏休みの一コマを。

夏休みといっても、私の夏休みではなく訪問している利用者さんの妹さんの夏休みの宿題の話です。

高校生になったその妹さんの夏休みの宿題が、「将来なりたい職業の人にインタビューする」というものらしいのですが、嬉しいことに彼女は「理学療法士」を選んでくれたのです。

お姉ちゃんに訪問リハビリを行いながらのインタビューでしたが、その質問のストレートさに、少したじろいでしまう自分がいました。

理学療法士を目指した理由、苦労したことはなにか、高校生のうちから勉強しておいた方がいいことは何か・・・質問は10以上あったような気がしますが、普段は口にしないようなことを繰り返し真剣に答えながら、自分は何のためにこの仕事をしているのかを、改めて感じることができました。

 

理学療法士になるために必要なことは?

勉強はした方がいい、でも勉強だけじゃだめで、相手がどうしたいのかを想像したり思いやることのできる心を持って欲しい。

そのためには?

大変な人や困っている人、近所のお年寄りもそうだし、お姉ちゃんのように体の不自由な人もそうだし、そういう人のことを気にかけてあげて欲しい

他に必要な力は?

体力と根性(笑)、粘り強さと、謙虚な気持ち、真摯な心(紳士じゃないよ、漢字わかる?)

では、この仕事をしていて一番辛いことはなんですか?

やっぱり利用者さんが亡くなること。

いや、亡くなることは寂しいけれど、大往生の人もいるし、病と闘って、病とつきあって亡くなる人もいる。一番辛いのは、「もっとその人のために何かできたのではないか?」と後悔の気持ちを残したまま、利用者さんとお別れすることだと思う。

(だから、怠けず、腐らず、努力して、知恵を絞って、毎日訪問するのが大事なんだ )

 

彼女にはわかったかな?難しかったかな?ちゃんと役に立てたのか不安は残るが、この夏休みの宿題は、私にとってはとても大事なことを思い出させてくれたのです。

気持ちがダメになりそうなとき、お願い!誰かまた私に宿題手伝わせて。

 

江別やきもの市

2019.07.15

2019年7月13-14日の二日間、江別でやきもの市が開催されました。

今年で30回を迎えるということで、皆さんもご存知のやきもの市だと思います。

毎年別な用事と重なっていたこともあって行くことができませんでしたが、自分が訪問している利用者さんが出店しているということもあり、念願かなって今年は行くことができました。

天気予報では雨が降る予想となっていましたが、日が出ると暑いぐらいの天気で、人も多く、人気店はゆっくりと見ていられない感じでした。

利用者さんのブースからは3点購入。他店でも2点購入して、合計5点ゲットでした。

今の時代は可能性が無限に拡がっていると思うので、やりたいことがあればチャレンジするチャンスです!

 

「好き」ってすごいなぁ

2019.07.15

 美味しいものは好きですが、決して大食いではない私。むしろ小食の部類に入る方ですが、利用者さんに教えていただいた情報をもとに、夕張へメロンを食べに行ってきました。

普段は一切れくらいしか食べることのないメロンが、テーブルにたくさん盛られていて、私もかなりの勢いで相当量を美味しくいただきました。いつもの食事量を知っている同席者は、呆れていたと思います。

食べ終わった後も、胃もたれするという相棒をよそに私は元気いっぱいでお腹を壊すこともありませんでした。

 

そこで感じたのは、やっぱり「好き」に勝るものは無いということです。

嫌なことや我慢しなければいけないことが日常にはいっぱいあります。全部好きなことだけしていたら、世の中は回っていきません。好きなものだけ食べていたら、栄養が偏って体にもよくありません。どうしてもしなければいけないことはやるしかないのですが、そうではないことはやっぱり「好き」なものや「好き」なことに関連している方がいいと思います。

リハビリで行う「自主トレーニング」も、面白みのない体操を黙々と10回、20回行うのは、強い意志が必要となります。それなら、好きな庭仕事をしたり、好きなお菓子をとりにキッチンに立ったついでにつま先立ちをしたり、好きなテレビを見ているときに足をパタパタ動かしたり・・・なにかしら「好き」に関連する提案ができると良いのではないかな?

 

第14回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in新潟に参加してきました

2019.07.08

6月29日・30日に新潟へ行ってきました。今回は2年ほど前から北海道の訪問リハビリテーションのお仲間と作っている「訪問リハビリのラダー」に関する発表や、他にも会議や座長、報告などなかなか大忙しのスケジュールでした。新潟はあいにくの雨で、また開催の一週間前には大きな地震がありましたので、被害に遭われた地域の方がさらに大変な状況にならないように心配しながら参加しました

学会には全国各地で訪問リハを行っている仲間がやってきます。今回も鹿児島や熊本、高知など、普段は直接お会いすることもない地域の方々とお知り合いになり、それぞれの活動の様子を教えていただきました。「訪問リハビリ大忘年会」を事業所で企画し、利用者の皆さんで楽しんだという報告もあり興味津々でした。みなさんもいかがでしょう?



 

たくさんお話を聞いた中で、ある看護師さんとお話して心に残ったことをひとつ。

医療的な処置や延命など、利用者さんや家族の方がどうしても辛い大変な選択をしなければいけないとき、昨今は医療者は自分の考えや一般的に根拠のある治療法を押し付けるのではなく、「利用者の意思を尊重する」という考え方が大切であると言われています。私ももちろんこの考え方には賛成です。しかし、大変な思いで選択をする利用者さんや家族に対し「あなたの意思を尊重するので、好きに決めてください」と言うだけでは、医療者としての責任を放棄していることになりますよ・・・とその看護師さんは話されました。

「私はあなたに生きていてほしい」というメッセージを抱えながら、利用者さんや家族のそばにいて、その方々の意思を尊重する、そういうことのできる存在でありたいと強く感じました。

忙しく過ぎた二日間でしたが、元気をチャージして帰ってきました。


 

写真撮影に間に合わなかった私・・・・

 

新潟のお米は美味しかった!(普段飲まない日本酒も美味しかった!)

 

久しぶりに乗ったプロペラ機にはドキドキしました!

北大祭!

2019.06.11

自分の母校ではあるもののずっと足が遠のいていた北大の地に久しぶりに足を踏み入れました。

ちょうど北大祭ということで、構内をぶらり。

こんなに北大祭には人が来ているんだなぁと思いましたが、自分の時はどうだっただろうか!?

ビール三昧できちんと祭りの手伝いをした記憶がないのも原因でしょうか、覚えていません。

そう、今はビールは禁止。時代の流れで色々と変わっていくものです。

天気も良いせいか、とっても健やかな感じです。

 

 

けずりいちごを食べている子供たち。下の子はT-シャツを一度で赤く染めていました。あとで怒られるんでしょうね、きっと。

  • トップページ
  • 会社概要
  • 訪問看護事業
  • スタッフブログ
  • お便り
  • 求人情報
お問い合わせ
株式会社ハナミズキ

〒002-0854
札幌市北区屯田4条7丁目7-30
TEL:011-769-0151
FAX:011-769-0591

地図はこちら
このページの先頭へ