札幌市の訪問看護・訪問リハビリテーションのサービス事業所です。

スタッフブログ

第15回屯田いたわりんくに参加して

2019.06.05

6月4日(水)に清明庵さんで開催された屯田いたわりんくの第15回研修会に参加してきました。

テーマは認知症介護についてで岡田京子さんの講演でした。

数年前にも岡田さんのお話を聞いたことがあるのですが、とっても熱意のある刺激的な話だったことを覚えています。

今回も普段何気に行っている自分の言動の裏付けになるような話が聞けて、だから自分は利用者さんに受け入れられるのだと感じることができました。

自分だけができていても、利用者さんに関わる人たちがみんなできないと不幸せな利用者さんが増えるだけなんだと思います。

職場内に限らず、地域の事業所の方々とも同じ想いを抱いてやっていけるような取り組みがこれからますます大事になってくるのだと感じています。

 

運動会の季節

2019.06.01

北海道ではこの時期は運動会。

今週は天候が崩れるかもとちょっと心配していましたが、風が強かったものの無事に終えることができました。

もう運動会に応援に行くのも10回目。

今は午前中で運動会が終わるので楽になりました。

時代とともに色々と変わっていくのだと感じています。

 

 

自分が通っていた小学校だけあって久しぶりに見る顔に出会うこともあります。

懐かしく思うようになるって、やっぱり自分も年を取ったのだと感じます。

ステキな歳をとっていけるように自分磨きも怠らずにやっていきます。

別れと出会いの季節

2019.05.16

平成から令和に元号が変わっても平成気分が抜けないのか、未だに間違って平成と書いてしまい、ハッとしてしまいます。
訪問という仕事をしていると長い期間、お付き合いする利用者さんもいます。
2013年3月から訪問を続けていた方が先月いっぱいで卒業となりました。
気付かずうちに6年という歳月が経っていました。
単身赴任先で倒れてしまい、休職。
まずは日常生活を困らずに送ることを目標に関わっていましたが、半日勤務から始まって通常勤務に変わり、残業や休日出勤するまでに復職することができました。
出張で東京に行くこともあり、今後も仕事を続けていくために会社のそばに引っ越す決断をして卒業。
毎週のように会っていたこの方とも顔を合わさなくなって1ヵ月弱。
引っ越し先でも困らずに生活を送っているだろうかと想いが巡ります。

 

 

桜を見に行こう!

2019.04.20

 

この仕事をしていると大先輩方から「旅行は元気なうちに行っておくもんだよ」と良く言われます。

働き盛りの今なんてそんな旅行に行っている時間なんてないよ!と思っていましたが、まだ体の自由が利く今じゃないと来れないなぁとつくづく感じることがあります。

この吉野山もそうです。

この時期は観光客が多く、公共交通機関に乗車するのは難しく、駅からずっと徒歩で上千本まで坂道を歩くことになりました。

カメラに桜を収めつつ、気になるところに寄り道して…となると、気付けば休みなく3時間歩き通し。

いつまで元気でいられるかわかりませんが、ヨボヨボになったら行きたくてもいけない。

たまには自分を労わる時間も作って、リフレッシュすることも必要なんだと思います。

 

君は月夜に光り輝く

2019.04.02

2年前に「君の膵臓をたべたい」を観たことでめっきりハマってしまい、

今回は「君は月夜に光り輝く」を観に行ってきました。

危惧していたことが起こったと思いましたが、めいちゃんがとっても可愛かった。

心躍るような恋をしてみたいものです。

 

病によっていつ亡くなってしまうのかわからない中であれば、生きる希望ってないですよね。

自分だったら自暴自棄になってしまいそうです。

 

〇無理をしないで生活を送る→長生きできるかも

〇無理してでも生きている意味を見出して生活を送りたい→死期を早めるかも

 

皆さんであれば、どちらが幸せと思えるような選択肢になるでしょうか?

どんな人であれ、どちらかを選択したって最期には生ききったと幸せを感じることができたらいいなと思います。

あとで後悔をしないよう手を抜かず、気を抜かずに幸せをお届けできる自分でありたい!

 

 

  • トップページ
  • 会社概要
  • 訪問看護事業
  • スタッフブログ
  • お便り
  • 求人情報
お問い合わせ
株式会社ハナミズキ

〒002-0854
札幌市北区屯田4条7丁目7-30
TEL:011-769-0151
FAX:011-769-0591

地図はこちら
このページの先頭へ