札幌市の訪問看護・訪問リハビリテーションのサービス事業所です。

スタッフブログ

今日から6月です

2020.06.01

分散出勤を続けている朝に、慣れないランドセル姿の小学生が飛び跳ねるように歩いている姿を見ました。いつもなら少し肌寒い4月の初めに見る風景が、随分と暖かいこの6月に新鮮に映ります。訪問中に見かける花も、クロッカスやふきのとうから、桜やこぶしになり、チューリップやつつじ、今ならライラックや藤もきれいに見え、季節が着実に進んでいると感じます。

 

北海道では2月の雪まつり前から「新型コロナウイルス」の感染拡大の心配の声が上がり、その後から長い自粛期間が続いていました。その間も、つぼみでは感染予防を徹底しながら、変わらぬ日常、訪問をお届けするために様々な検討と取り組みをしてきました。利用者の皆様にはその都度、職員の健康管理やマスクの常時着用、必要時の防護服等の着用などについてお便りでお知らせし、また利用者様、ご家族様の健康チェックのお願いなどもしてきました。これまでもインフルエンザやノロウイルスなど、日常の生活の中でも感染症とのお付き合いはありましたが、今回ほど行動が制限され、普通に行っていたことができなくなることは無かったので、気持ちの面も含めてとても窮屈な思いを感じましたね。みなさんも、体は大丈夫だけどどうしても気分が優れないとか、元気が出ない方もいるのではないでしょうか。緊急事態宣言が解除されても、すぐに元通りの生活が戻ってくることはなく、外出時はマスクをつけることや手洗い、人との距離を適切にとることなど「新しい生活様式」に慣れることが必要となっています。

 

人との距離の取り方は、スーパーなどレジに並ぶときにはわかりやすいのですが、近所の方とお話しする時は?趣味のサークルに出かけたときは?久しぶりのお孫さんに会った時は?などなど、まだまだ迷うことも多いですよね。

 

こうしていけば絶対大丈夫と言う答えはありませんが、どんな場面で感染のリスクが高いかをきちんと理解して、どんな行動が良いか一緒に考えていきましょう。

 

自粛期間に、ちょっとした発見もありました。いつも忙しくバタバタしていましたが、意外と家にいるのは楽しいと気がつきました。そしていつもなら、携帯電話で必要事項だけを短くやり取りをする友人から手紙をもらい、改めてその良さを再発見しました。私も返事を書くために素敵な便箋を・・・と思いましたが、残念!外出自粛で買い物に行けませんでした。

 

そんな自粛生活でしたが、運動不足は否めません。なにかしら運動をしなくては!強く思って過ごしましたが、みなさんはいかがでしょうか?

 

つぼみでは、コロナに負けるな「つぼみチャレンジ」を企画しています!

さあ、なにが始まるのでしょうか?

久しぶりの燻製作り

2020.03.29

皆さん、久しぶりのブログ更新です。

新型コロナウイルスで日々神経を尖らせ、外出することなく家にこもる毎日。

ちょっと気持ちが鬱々してきていませんか?

早く飲みに行きたい!と思っていますが、関東圏の急な感染者増加をテレビで観ているとまだまだ外出するのは危険なんだろうなと自主規制です。

今日は手羽元の燻製作りに初チャレンジしてみました。

まず初めにソミュール液に手羽元を2時間漬けておきました。

ソミュール液とは、水250ml+塩大さじ1+砂糖小さじ2とお酒を大さじ1を混ぜた液体です。

 

ソミュール液に漬け置きしていた手羽元の水分を拭き取り、胡椒をかけて水分を蒸発させるのに乾燥させます。

乾燥は食事前までと思っていたので、たまに向きを変えながら2時間半ほど行いました。

やっとここから燻し始める段階に入っていきます。

手羽元の数が多かったので、ギューギューで重なってしまいました。

 

チップから煙が出てきたら、蓋をして火を弱めます。

ここから10分程度、火にかけたまま待ちます。

10分経ったら、あとは火を止めて保温して10分待ちました。

すると出来上がりはこんな感じです。

 

 

生のまま本当に火が通るのかと不安を感じていましたが、全く問題なし。

しかも割といい感じに色が付きました。

あと数日で新年度…そんな気持ちにもなれないですが、今だからこそできることを見つけて前を向いて頑張っていきたいものです。

 

 

 

瀬戸内国際芸術祭2019

2019.12.17

今年は瀬戸内国際芸術祭を満喫してきました。

昨年のイノシシを求めて以来、二度目となる四国上陸でした。

略して瀬戸芸(せとげー)と地元の方々は呼んでいましたが、高松市内及び瀬戸内の島々に点在している芸術作品を自分の足を運んで見て歩くものです。

今までに行ったことのない島々巡りをしている中で、大島というハンセン病に罹患した方々が隔離された島を訪れることができました。

最近ではニュースでもハンセン病の方々への国の隔離政策が妥当ではなかったとの裁判が行われてご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、

自分の学生時代には結構ハンセン病についての講義などがあり、良く耳にした病気の一つでした。

すでに20年近く前の話なので、ハンセン病については詳しく覚えていませんでしたが、この大島に足を運ぶことができて、今までの歴史に触れることができました。

 

 

ハンセン病は感染症の一つで、感染して発病とすると手足などの末梢神経や皮膚や眼などに障害を引き起こします。

昔は伝染力の強い感染症と思われていたため、1907年頃から療養所を作り、1930年頃には感染者全員を療養所に隔離するに至っていました(絶対隔離)。

いったん療養所に閉じ込められてしまうと死ぬまで外に出ることができず、家にも帰れず、終生隔離となっていました。

1947年にはハンセン病を治すことができる薬が登場し、感染力も強くなく、治る病気となっても1996年まで隔離政策が続いたのです。

 

 

大島はとっても穏やかな時間が流れていて、日頃の忙しさを忘れさせてくれる空間でしたが、実際に隔離された方々からすると世の中から遠い、見放されたと思わせる島での生活だったと思います。

今では考えられないと思いますが、結構最近まで続いていた隔離政策です。

隔離政策が解除になったと言えども、長年に及ぶ隔離政策で頼りにする身内もおらず、今でも島で生活を送っている現実。

自分には何ができるだろうか?希望を持てない人に夢を見せることができるだろうか?

一緒に同じ夢をみていられるような自分でありたいと強く感じた大島への旅でした。

 

安全安心フォーラムに参加して

2019.09.10

北海道での大地震からちょうど1年が経つ9月6日に屯田で安全安心フォーラムが開催されたので参加してきました。

地域の事業所と手を取り合って勉強会等を行っているので、この屯田ではどんなことが行われているのか、準備されているのか、実情はどんなかを知るために足を運びました。

いくつも災害関連の研修会には参加してきたつもりでしたが、結構知らないことも多く、屯田といえば一番可能性が高いのが水害ということでした。

昭和56年の水害の話もあり、聞いたことがあったものの実際の写真を見たのは初めてでした。

大体札幌の年間降水量は1,000mmで、この年の8月の三日間で300mm程度の降水量があり、洪水になったと話されていました。

今年も洪水等のニュースが飛び交っていますが、年間の1/3程度が一気に降ってしまうと災害の可能性が高くなるということです。水害に関しては、一つの目安ができたのでこれを参考にして自分の行動を考えてみたいと思います。

第16回屯田いたわりんく

2019.08.25

定期的に開催している屯田地域の事業所の方々との交流会(R1.8.23)に参加してきました。

今回、自分の役目は会場の様子をカメラにおさめること。何も考えずに参加することができたので気楽に楽しむことができました。

参加者は当日に来れなくなった方もいたので最終的に28名とやや少なめかと思いましたが、これぐらいの人数の方が参加者全員との交流もできる感じでちょうど良かったと感じました。

職種柄なのか音頭をとらなくてもあっちこっちで名刺交換が始まり、会話が途切れない感じでした。

この輪をもっともっと拡げていって、サービス向上につながっていければと思っています。

つぼみの事業所紹介を行っている写真です。みんなお揃い?のユニフォームを着て臨みました。

 

  • トップページ
  • 会社概要
  • 訪問看護事業
  • スタッフブログ
  • お便り
  • 求人情報
お問い合わせ
株式会社ハナミズキ

〒002-0854
札幌市北区屯田4条7丁目7-30
TEL:011-769-0151
FAX:011-769-0591

地図はこちら
このページの先頭へ